EVOソフテイル K池号 ハンドル編その2

【10-06-25】 Comment(0)»

ハンドルの幅をつめると一言で言っても、両脇をカットするのと、車体にクランプされている部分とつめるのとでは、仕上がりの見た目も、作業も違ってきます。

2010_0625_091233-CA3F0119.jpg
K池ソフテイルは、通称エボリンガーと呼ばれてるスプリンガーフォークがついていて、テレスコピックフォークよりもライザーの取り付けが幅広になっています。 
 

2010_0625_091302-CA3F0120.jpg
 
全くと言っていい程クランプ部分ではハンドルバーをつめられないので・・・
2010_0625_091324-CA3F0121.jpg
このようなトップツリーの登場です。分かりますでしょうか?

ハーレー様のパーツって本当に豊富に様々な物が出てますね~
あぁこうゆう部品があったらな~なんて思うとそんなの遥か前に誰かが考え商品化しててくれたり、なければ大概の物が作れますのでご気軽にご相談下さい。

"EVOソフテイル K池号 ハンドル編その2"へコメントを投稿

(承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
ショップインフォ 〒950-0885
新潟市東区下木戸3-2-22
TEL&FAX /025-278-7261
営業時間/10:00~19:00